DOWNLOAD

HOME RECORDING DEMO ARCHIVE SERIES  VOL.19

ディスクユニオンにて販売されてきた、タケカワユキヒデのデモテープ音源商品化シリーズ。

第9弾につづき、待望の第10弾からはダウンロード版として商品化。本作では1979年以降に録音された素材より、TV番組、CMソング、他アーティストやゴダイゴのレパートリーとして提供された楽曲のデモ音源を中心に紹介しています。

アルバムダウンロード特典
タケカワユキヒデ最新書きおろしによる秘蔵エピソード満載の全曲解説プレゼント!

(PDFデータとしてダウンロードファイルに同梱。解説は販売ページにあるものと同じものとなります。)
※全曲初登場音源/1981年録音作品/一部収録内容やタイトルが変更となる場合があります。

HOME RECORDING DEMO 19 解説

01私のシークレット(ボーイフレンド)

 ボーイフレンドという歌詞で、作詞家の岡田冨美子さんが書いてくれた歌詞に、北原佐和子さん用の曲を書いている。詳しい事情は知らないが、きっと、スウィートチェリーパイはデビュー曲にはふさわしくないという話になったのではないかと思う。新たに、ボーイフレンドというコンセプトでデビュー曲を作り直そうということになり、今度は、日本語の歌詞に曲をつけることになったということだと思う。ただ、北原佐和子さんのデビュー曲は、僕のこの曲ではなくて、「僕たちの愛」や、「マディソン郡のワルツ」のアレンジをしてもらっていて、僕とは50年来の友人の作曲家、梅垣達志さんの作曲で「マイボーイフレンド」というタイトルで発売された。僕のこの曲は「私のシークレット」とタイトルを変えてアルバムに収録されることになった。

02 ステキ大好き(I'M FIXED UP) 日本語

 I'M FIXED UPに岡田冨美子さんが日本語詞をつけてくれたのだと思う。一生懸命歌っている。

03 恋はSTEP BY STEP

 HOME RECORDING DEMO16に入っていたSTEP BY STEPとは、完全に別曲。こちらは、「キッスは目にして」のヒットで知られる、ヴィーナスの人たち用に書いた曲だと思う。

04 HARD WORLD

 なんども言うが、すごくかっこいい声と曲だ。歌い方もぴったりだし、申し分ない。結局、白い街角のアルバムに収録されることになったが、元々は、その頃流行りだした自然派をテーマにしての何かのCMだったと思う。英語の歌詞も、岩山の頂上(rocky peak)とか、荒野(wildernesss)とか、自然派が好みそうな言葉が続く。

 

05 LONG RUN 3

 やっと時任三郎くんのOKバージョンが出てきた。今までの曲も、悪くはないと思ったのだが、結局、英語で作って歌ったものを先方の関係者たちは気に入ったらしい。確かに、これはかっこいい。今までの2曲の雰囲気をつなぎながら、いい曲に仕上がっている。

06 NO MORE SCHOOL

 これは、多分「恋はSTEP BY STEP」と同じで、ヴィーナスの人たちに書いたと思うのだが、結局、使われていない。とっても、オールデイズとしては、よくできているのだが、なんで使ってくれなかったのだろう。

07 SARAH LEE

 B.A.R.の作品も、この頃になると、すごく脂が乗っている。

                      >>>>>全文は、こちら